六角のおいやんの『ぐうたら横丁』噺と紀州四方山話

記事一覧

四方山話
【立秋(りっしゅう) 三候】  初候:涼風至(すずかぜいたる)8月7日頃    夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃。    まぶしく輝いている太陽も日射しを和らげ、    夕方に鳴く虫たちの音色も涼しさを演出してくれます。  次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく)8月12日頃    カナカナと甲高くひぐらしが鳴き始める頃。    終わってしまう夏を惜しんでいるかのように聞こえます。  末候:蒙霧升...

記事を読む

四方山話
【小暑(しょうしょ) 三候】 7月7日~7月22日 初候:温風至(あつかぜいたる)7月7日頃    雲の間から注ぐ陽がだんだんと強くなる頃。    温風とは湿った空気が山を越え、乾いた温かい風となって吹き降ろ    すフェーン現象のことを表しているとも言われています。  次候:蓮始開(はすはじめてひらく)7月12日頃    蓮がゆっくりと蕾をほどき、花を咲かす頃。    水底から茎を伸ばし、水面に葉を浮...

記事を読む

四方山話
【七夕(たなばた)】 7月7日   ◆七夕は織姫と彦星の出会いの話は周知ですが、   笹の葉に下げる五色の短冊の意味からです。   短冊には、願いごとや「天の川」など七夕にちなんだことばや絵を書いて下げます。   五色(ごしき)というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」の五色。   陰陽五行説とは、古代中国の「木、火、土、金、水」の五つの要素が、   この世のものすべての根源であ...

記事を読む

四方山話
【夏至 三候】● 初候:乃東枯(なつかれくさかるる)6月21日頃 冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。 色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、枯れていく花に思いを寄せた、 古人の優しさを感じる言葉です。●次候:菖蒲華(あやめはなさく)6月26日頃 アヤメが花を咲かせる頃。アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。 アヤメ、ハナショウブ、カキツ...

記事を読む

四方山話
【芒種(ぼうしゅ)三候】  初候:蟷螂生(かまきりしょうず)6月5日頃   秋に生みつけられた卵から、かまきりが誕生する頃。   かまきりは農作物には手をつけず、害虫を捕まえてくれる、私たちにとってありがたい存在です。  次候:腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)6月10日頃   ホタルが暗闇に光を放ちながら、飛び交う頃。   きれいな水辺に住んでいると思われがちですが、   野原でも蒸れて腐りか...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

立秋(りっしゅう) 三候について

立秋
【立秋(りっしゅう) 三候】 
初候:涼風至(すずかぜいたる)8月7日頃
    夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃。
    まぶしく輝いている太陽も日射しを和らげ、
    夕方に鳴く虫たちの音色も涼しさを演出してくれます。

  次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく)8月12日頃
    カナカナと甲高くひぐらしが鳴き始める頃。
    終わってしまう夏を惜しんでいるかのように聞こえます。

  末候:蒙霧升降(ふかききりまとう)8月17日頃
    森や水辺に白く深い霧がたちこめる頃。
    朝夕のひんやりとした心地よい空気の中、深い霧が幻想的な風景をつくりだします。

  (旬のもの)
    花(ひまわり、つゆくさ)、果物(桃)、野菜(玉蜀黍:とうもろこし)、行事(エイサー)
    ・エイサー:お盆の行事として沖縄県で行われているエイサー。
      本来は青年男女が無行息災などを願い、エイサーを踊りながら、
      集落内を練り歩いていましたが、
      戦後は各地のエイサーが集まり大会が行われるようになりました。(暦生活)
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

小暑(しょうしょ) 三候について

小暑
【小暑(しょうしょ) 三候】 7月7日~7月22日
初候:温風至(あつかぜいたる)7月7日頃
    雲の間から注ぐ陽がだんだんと強くなる頃。
    温風とは湿った空気が山を越え、乾いた温かい風となって吹き降ろ
    すフェーン現象のことを表しているとも言われています。

  次候:蓮始開(はすはじめてひらく)7月12日頃
    蓮がゆっくりと蕾をほどき、花を咲かす頃。
    水底から茎を伸ばし、水面に葉を浮かべ、綺麗な花を咲かせる蓮ですが、
    花が開いてから四日目には散ってしまいます。

  末候:鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)7月17日頃
    五・六月に孵化した雛が、巣立ちの準備をする頃。
    独り立ちができるよう、飛び方を覚え、獲物の捕り方を覚え、
    「独り」ということを一から学びます。

  旬のもの:アゲハチョウ、七夕、大蒜(ニンニク)、祇園祭
   (大蒜)古代エジプトではピラミッド建造の労働者に与えられたという大蒜。
       大蒜に含まれるアリインという成分が、エネルギーを発生させてくれます。(暦生活)
 カテゴリ
 タグ
None

七夕について

七夕
【七夕(たなばた)】 7月7日
 
  ◆七夕は織姫と彦星の出会いの話は周知ですが、
   笹の葉に下げる五色の短冊の意味からです。
   短冊には、願いごとや「天の川」など七夕にちなんだことばや絵を書いて下げます。

   五色(ごしき)というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」の五色。
   陰陽五行説とは、古代中国の「木、火、土、金、水」の五つの要素が、
   この世のものすべての根源である」という説で、
   「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」を表しています。

  ◆それでは、短冊以外の七夕飾りの意味は?
   笹には短冊の他にもさまざまな飾りをつけますが、そのひとつひとつに意味があります。
   由来を知って飾ってみるとまた楽しくなりますね!

   ・吹き流し:織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。
     紙風船かくす玉に五色の紙テープを適当な長さに切って貼りつけます。
 
   ・網飾り:魚を捕る網を表しています。豊年豊作大漁の願いを込めて飾ります。

   ・折鶴(千羽鶴):長寿を願い、長寿のシンボルである鶴を折り紙で折ります。

   ・神衣(かみこ):紙の人形(着物)を飾ると、裁縫が上達し、
     着るものに困らなくなるといわれています。災いを人形に移すという意味もあります。

   ・財布(巾着):金運上昇を願い、折り紙で折ったり、本物の財布を下げたりします。

   ・くずかご:ものを粗末にしないという意味で、七夕飾りを作る時に出た紙くずを、
    折り紙のかごに入れてつるします。(暮らしの歳時記)
 カテゴリ
 タグ
None

夏至 三候 について

夏至
【夏至 三候】
● 初候:乃東枯(なつかれくさかるる)6月21日頃
冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。
色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、枯れていく花に思いを寄せた、
古人の優しさを感じる言葉です。

●次候:菖蒲華(あやめはなさく)6月26日頃
アヤメが花を咲かせる頃。アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。
アヤメ、ハナショウブ、カキツバタはよく似ており、非常に見分けがつきにくいです。

●末候:半夏生(はんげしょうず)7月1日頃
半夏(からすびじゃく)が生える頃であり、半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃。
農事の節目ともされており、田植えを終わらせる頃です。

(旬のもの)
・果物(夏みかん)、魚(鮎)、野菜(オクラ)、飲み物(冷酒)、行事(夏越の祓)

・オクラの粘り気は、免疫力を高め、胃の粘膜を強化し、
ストレスで弱ったお腹の調子を整えてくれます。
夏のネバネバ野菜は、夏バテ予防の心強い味方です。

・六月の末日(晦日)は、十二月の大晦日と同じく「大祓(おおはらえ)」の日です。
この日は各地の神社で、罪や厄災を祓う「夏越の祓」が行われ、
茅草でつくった輪をくぐる「茅の輪くぐり」が行われます。(暦生活)

 カテゴリ
 タグ
None

芒種(ぼうしゅ)三候について

芒種
【芒種(ぼうしゅ)三候】 
初候:蟷螂生(かまきりしょうず)6月5日頃
   秋に生みつけられた卵から、かまきりが誕生する頃。
   かまきりは農作物には手をつけず、害虫を捕まえてくれる、私たちにとってありがたい存在です。

  次候:腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)6月10日頃
   ホタルが暗闇に光を放ちながら、飛び交う頃。
   きれいな水辺に住んでいると思われがちですが、
   野原でも蒸れて腐りかけた草の下で、明かりを灯し始めます。

  末候:梅子黄(うめのみきばむ)6月15日頃
   梅雨入りと同じくして、梅の実が薄黄色に色づく頃。
   梅雨という言葉は、梅の実が熟す頃の雨という意味です。
   黴(カビ)が生えやすい季節なので、「黴雨(ばいう)」と書くこともありました。

  旬のもの:紫陽花、田植えの祭、トマト、縞鯵、父の日
   ・父の日:アメリカで、男手ひとつで育てられた女性が、「父への感謝を」と提唱したのがはじまりです。
    日本では、6月の第3日曜日が父の日とされております。(暦生活)
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 六角のおいやんの『ぐうたら横丁』噺と紀州四方山話 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。