2015年10月の記事一覧

月別アーカイブ:2015年10月

2015年10月の記事一覧。昔、明光通りの一角に和歌浦口売店がありました。その息子(今はじじ!)の紀州<和歌山>四方山話と還暦過ぎて始めた「もしもドロップショッピング」のぐうたらな噺です。

四方山話
*初候:霜始降花(しもはじめてふる)10月23日頃  氷の結晶である、霜がはじめて降りる頃。  昔は、朝に外を見たとき、庭や道沿いが霜で真っ白になっていることから、  雨や雪のように空から降ってくると思われていました。そのため、霜は降るといいます。*次候:霎時施(こさめときどきふる)10月28日頃  ぱらぱらと通り雨のように雨が降りはじめる頃。雨が降ったかと思えば、  すぐに青空が顔を出します。  初時雨...

記事を読む

店長イチ押し
「天使の休日 くつろぎ座椅子 ジュエルグリーン×ベージュ」をお買い上げいただきました。どうもありがとうございました。この商品のお客様の感想は下記のとおりです。●大人が座椅子としてもたれるにはアタマがはみ出て疲れる感じですがお尻をカーペットのうえにしてもたれるとしっかり支えられて感触も気持ちいいです。子供は飛び乗って遊んだり寝転んだりして気持ちよく使っています。カバーの汚れもすぐ落ちるし少し値段は高いけど...

記事を読む

四方山話
    <茶屋前から紅葉と山々>【寒露(かんろ)】 2015年は10月8日および霜降までの期間。寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。この頃は、大気の状態が安定して空...

記事を読む

四方山話
【七十二候 秋分次項 蟄虫坏戸】 9月28日~10月2日宝暦暦、寛政歴では「ちっちゅうこをはいす」と読ませます。略本歴では「むしかくれてとをふさぐ」とも。虫たちが地中にもぐり、冬籠りの準備を始める頃。二月節の「啓蟄」と対になりますね。新暦3月初旬まで虫たちは地中へ籠ります。朝晩は、寒くなってきましたね。。。お体を自愛ください。。。また、金木犀が咲き始めるのもこのころから。オレンジ色のかわいらしい花を...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

【霜降(そうこう) 三候】

紅葉渓庭園

*初候:霜始降花(しもはじめてふる)10月23日頃
  氷の結晶である、霜がはじめて降りる頃。
  昔は、朝に外を見たとき、庭や道沿いが霜で真っ白になっていることから、
  雨や雪のように空から降ってくると思われていました。そのため、霜は降るといいます。

*次候:霎時施(こさめときどきふる)10月28日頃
  ぱらぱらと通り雨のように雨が降りはじめる頃。雨が降ったかと思えば、
  すぐに青空が顔を出します。
  初時雨は、人々や動物たちが冬支度をはじめる合図だといわれています。

*末候:楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月2日頃
  もみじや蔦が色づいてくる頃。葉が赤色に変わることを「紅葉」と呼び、
  銀杏のように黄色に変わることは「黄葉」と呼びます。
  また、秋の山が紅葉することを「山粧う(よそおう)」といいます。

  霜降から立秋までに吹く北風を「木枯らし」といいます。(暦生活)

今年も木枯らし1号が吹きました。3日程早かったのではないでしょうか。

写真は、和歌山場内の紅葉を楽しむスポットです。

お休みなどちょっと行くのもいいですね。

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

『天使の休日 くつろぎ座椅子』お買い上げ御礼!

くつろぎ座椅子
「天使の休日 くつろぎ座椅子 ジュエルグリーン×ベージュ」をお買い上げいただきました。
どうもありがとうございました。

この商品のお客様の感想は下記のとおりです。
●大人が座椅子としてもたれるにはアタマがはみ出て疲れる感じですがお尻をカーペットのうえにしてもたれるとしっかり支えられて感触も気持ちいいです。
子供は飛び乗って遊んだり寝転んだりして気持ちよく使っています。
カバーの汚れもすぐ落ちるし少し値段は高いけど可愛いインテリアになってます♪
●すごく気持ちいいと息子がすごく気に入ってくれました。
色も気に入ってフカフカ気分で喜んでます。
etc.

【店長イチ押しポイント】
少し大きめで、しっかりくつろげます。
座ると体の形に合わせて変形し、背中もしっかり支えてくれるふわふわの座椅子クッションです。
水着に使われるストレッチ素材のカバーの中にビーズとポリエステルわたを入れることで、ビーズだけでは感じられなかった弾力とフィット感を実現しました。
カバーはいつもサラサラで清潔、丸洗いもOKです。
カラーは人気のカラーセラピスト、若林眞弓先生が監修した全部で8バリエーションの中からあなたにピッタリのカラーをお選びいただけます。
尚、【天使の休日 くつろぎ座椅子】は、リラックスや調和をイメージさせる『ベージュ』と【8バリエーションカラー】とのツートンカラーとなります。

>>>詳しくはこちら

ひとり暮らしのお部屋などにもオススメの少し大きめのサイズです。

>>> 『天使の休日シリーズ くつろぎ座椅子 専門店』であなたのチェックをお待ちしております。
 カテゴリ
 タグ
None

【寒露(かんろ)】の頃 

寒露の頃
    <茶屋前から紅葉と山々>
【寒露(かんろ)】 2015年は10月8日および霜降までの期間。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。

秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。

この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。

露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、

燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。

この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。

夜には月も美しく輝いて見えます。

寒露の頃になったら、空を見上げてみてはいかがでしょう。

これまでと違った、秋の清々しさと趣を感じる空に出会えるはずです。(日本の行事・暦)
 カテゴリ
 タグ
None

蟄虫坏戸(ちっちゅうこをはいす)

金木犀

【七十二候 秋分次項 蟄虫坏戸】 9月28日~10月2日
宝暦暦、寛政歴では「ちっちゅうこをはいす」と読ませます。

略本歴では「むしかくれてとをふさぐ」とも。

虫たちが地中にもぐり、冬籠りの準備を始める頃。

二月節の「啓蟄」と対になりますね。新暦3月初旬まで虫たちは地中へ籠ります。

朝晩は、寒くなってきましたね。。。

お体を自愛ください。。。

また、金木犀が咲き始めるのもこのころから。オレンジ色のかわいらしい花をいっぱいにつけて爽やかで甘い芳香を漂わせ楽しませてくれる金木犀。

秋を代表する花は他にも、コスモスや桔梗、ススキなど。

「花」は春の季語ですが、「花野」は秋の季語。

道端や野原に咲く小さな花や千草に愛おしさを感じるのが秋でしょうか。

「もののあわれ」もそんな感性からきているのでしょう。(永寿院)
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 六角のおいやんの『ぐうたら横丁』噺と紀州四方山話 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。