六曜
六曜とは、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口とこの六つの日を順に並べていったものです。
  この六曜なるものが我々の日常の暦に取り入れられたのは、明治6年旧暦(太陰太陽暦)から
  現在使用している新暦(太陽暦・グレゴリオ歴)になってからなのです。六曜の意味は、
   ・先勝:午前中は吉・午後は凶  急ぐ事は吉
   ・友引:午前利なし・夕方より吉  葬式を忌む
   ・先負:午後は吉 ・静かなこと吉
   ・仏滅:何事も忌む・凶
   ・大安:すべてに吉
   ・赤口:正午のみ吉・他は凶
  江戸時代は無かったのか?・・・・あったのですが、
  旧暦に当てはめると、「一月と七月の一日を先勝」、「二月と八月の一日を友引」、
  「三月と九月の一日を先負」、「四月と十月の一日を仏滅」、「五月と十一月の一日を大安」、
  「六月と十二月の一日を赤口」と固定でした。
  新暦に当てはめると旧暦の時代には、あまりに単純でわかり易かったため、
  有難味が薄く使う人はいなかったようです。たとえば、3月3日はいつの年でも大安ですし、
  5月5日は決まって先負となります。これでは、有難味も面白味もありません。

  ところが新暦に当てはめてみると、
  月の途中の日付で、上記の先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順番がくるいます。
  3月3日は大安もあれば仏滅もあり、どれが来るかはその年によって違ってきます。
  旧暦を新暦に当てはめているのですから当然です。
  旧暦の正月だって平成11年は2月16日、平成12年は2月4日、平成13年は1月24日と
  バラバラです。
  この様に、基は極めて単純で面白味のない大安・仏滅なのですが、
  新暦の時代になって他の迷信の吉凶日がすたれてしまったことと重なり、
  急に主役の座に出てきたのです。 これで旧暦の江戸時代以前には、
  軽んじられていた六曜なるものが明治6年の新暦になってから、
  次第に定着していった理由がわかりました。
  現代の我々は、きっと立派な根拠に基づいて決められた吉凶の日付だからと、
  理由もわからず有難く使っている訳です。(現代家相学)
 カテゴリ
 タグ
None